ミスマガジン2018

ミスマガジン2019応募受付中!!



「劇団ミスマガジン」初公演 11月7日(水)~11日(日)@シアターブラッツ[新宿]

ミスマガジングランプリ 沢口愛華

ミス週刊少年マガジン 岡田佑里乃
ミスヤングマガジン 寺本莉緒
審査員特別賞 佐藤あいり
読者特別賞 池松愛理

ミスマガ2018全員登場!
必見のVR動画たっぷり!!



最新グラビアムービー満載!
「ヤンマガch」をcheck!!


「劇団ミスマガジン」初公演 詳細


出演
池松愛理、岡田佑里乃、佐藤あいり、沢口愛華、寺本莉緒(以上「ミスマガジン2018」)、
岡本桃花、倉沢しえり、鈴木ゆうは、農海姫夏

作品
ソウナンですか? 演劇版』
原作:岡本健太郎・さがら梨々(講談社「ヤングマガジン」連載中)
脚本・演出:竜史(20歳の国)

公演日程
2018年11月7日(水)~11日(日)
11月7日(水)19:30
11月8日(木)14:00★ / 19:30★
11月9日(金)14:00★ / 19:30
11月10日(土)14:00 / 19:30
11月11日(日)12:00 / 16:30

※時間は開演時間(開場は開演の30分前)
★=アフタートーク開催

劇場
東京・新宿「シアターブラッツ」
東京都新宿区1-34-16 清水ビルB1
https://www.theater-brats.com/acsess

チケット発売
9月22日(土)10:00~「チケットぴあ」にて発売
http://w.pia.jp/t/missmaga/
(Pコード:489-791)

スタッフ
舞台監督:鳥養友美 美術:坂本遼 照明:若原靖(LICHT-ER) 音響:角田里枝(Paddy Field) 演出助手:平戸麻衣 振付:浅野康之(劇団鹿殺し) 映像:松澤延拓 ヘアメイク:田中順子 当日運営:高村楓(冗談だからね。) 制作:安達咲里(劇団献身) プロデューサー:登米裕一(キリンバズウカ) 安達咲里(劇団献身) アクティングトレーナー:柚木佑美 宣伝美術:土橋聖子(hive) 宣伝写真:岡本武志 宣伝衣装:KAN 宣伝ヘアメイク:GiGGLE 主催:「ソウナンですか?演劇版」製作委員会

※スタンド花・アレンジメント・花束について
劇場のスペースの都合上、出演者へのスタンド花・花束ともにお断りしております。また、同様の理由により、楽屋へのアレンジメント花につきましても、辞退させていただきますので、ご理解・ご協力いただきますようお願い申し上げます。

※車椅子でご来場のお客様へ
チケット購入後、ご観劇の前日までにご連絡くださいますよう、お願い申し上げます。(付き添いの方がご観劇される場合も、チケットは必要となります。)

お問い合わせ
missmagazinestage@gmail.com

「ミスマガジン2018」開催概要

「ミスマガジン2011」から7年ぶりに、”ミスマガ”がパワーアップしていよいよ復活!
まだ芸能界デビューしていない”原石”はもちろん、個性と可愛さを備えた”グループアイドル”、存在感に満ちた”女優の卵”、モデル+グラビアの”モグラ女子”などから、「新時代のビジュアルクイーン」を大発掘!
今までの経験は不問。さらに、現在の活動とも兼任可能。グラビアだけでなく、ドラマやバラエティで活躍できる女優やタレントを目指すあなたを、数々の有名タレントを輩出してきたヤングマガジン&週刊少年マガジンが強力バックアップします!

「ミスマガジン」とは!?

1982年にスタートし、2017年でなんと35周年となる雑誌業界でも最も歴史のあるミスコンテスト。初期には斉藤由貴や細川ふみえ、その後中川翔子、岩佐真悠子、山崎真実、北乃きい、倉科カナ、桜庭ななみ、新川優愛、衛藤美彩(敬称略)など、そうそうたるタレントを輩出。2011年度を機に休止していたが、このほど大復活を遂げる。